中古車購入時のポイントや注意点【走行距離編】

中古車購入時のポイントや注意点【走行距離編】 お得に車を買う

中古車の状態を確認するときに見るポイントは、年式の次に走行距離を見ると思います。

車の状態を左右する重要な項目ですが、どの程度のものを選択すべきか迷うものです。

「中古車って何万kmまでのものなら大丈夫?」
「距離を走っている車は故障するの?」

上記のように悩んでいる方向けに、車の走行距離別のコンデションと相場の目安をご紹介します。

走行距離は1年1万kmが目安(1年間の走行距離の目安)

中古車の状態を表す重要な指標のひとつが走行距離です。一般的に想定されているのは、1年で1万km程度の走行距離です。

単純計算をすると、5年経過で5万km、10年経過していると10万kmとなります。そのため、10年経っているけど走行距離が5万km、のような車は走行距離が少ない車と言えます。

車の使い方によっても走行距離は変わってきます。毎日通勤で10km走行する人と20km走行する人ではもちろん違いますし、都市部なのか、郊外なのかによっても走行距離は異なるでしょう。

車体状態によっても変わりますが、走行距離が少ない車体の方がコンディションが良いとされていて、車体価格も高くなります。

一方で車齢が10年なのに走行距離が3万kmのような車体は、一見コンディションが良さそうに見えますが、ご購入には注意が必要な場合があります。

注意点の見出しでも解説しますが、車は機械製品なので平均的な走行距離を走っている方が調子がよいことが多いです。

車の使用用途による走行平均距離

車をどのように使うのかによって、どれほど走行平均距離が異なるのかご紹介します。

4つの使用用途に分けて、平均的な走行距離を見てみます。

近場で乗る

近隣のスーパーに買い物に行くなどの用途であれば、走行距離も多くならないでしょう。年間の走行距離も3,000km~のように少ないです。10年乗ったとしても4万kmほどしか走っていないのは、このようなケースです。

見た目めもきれいな状態が保たれており、走行距離も走っていないのでお買い得に見えます。

しかしエンジンが冷えている状態で走り始め、温まる前に目的地に到着してエンジンを止めるという使い方をされているものが多いです。

エンジンに負担がかかる走り方のために、入念な点検は欠かせません。

通勤・通学

通勤や通学で使っているなら、毎日走行することになり、走行距離も伸びることが多いです。往復20kmのところに毎週5日通っているなら、年間の平均走行距離は約5,000kmになります。

買い物やレジャーでも使うことを考えると、5,000kmから1万kmほどの走行距離になるでしょう。通勤距離が長いならば、平均的な走行距離をオーバーすることもあります。

レジャーへ行く

土日に家族でレジャーに出かけるのが主な使用用途なら、平均的な走行距離も6,000km~となると考えられます。

1度出かけると走行距離を走りますが、毎日走行するわけではないので、平均的な走行距離に収まる程度です。

もちろん毎日の通勤+レジャーという使い方をしているなら、走行距離がさらに伸びていきます。

社用車

毎日仕事で使う社用車は、走行距離も多くなる傾向にあります。

近場を走っている場合でも1万kmを超えますし、長距離で使用することも含まれているなら、年間走行距離は1万5,000kmを超えるでしょう。

メンテナンスされている可能性はありますが、過走行車となるでしょう。

走行距離ごとの中古車の状態と相場(軽自動車・普通車)

走行距離を走っている車体はコンディションが悪いとされていますが、年々、車の性能は良くなっているので走行距離が伸びている車でもメンテナンスをすれば安全に走行可能です。

しかし、中古車になると、走行距離によって車両価格が大きく変わることがあります。

走行距離別の中古車の状態と相場を、軽自動車と普通車に分けてご紹介します。

コンディションの目安と軽自動車と普通車の相場を見てみましょう。

※10年経過している(2012年式)のセレナ(普通車)とワゴンR(軽自動車)で、それぞれ修復歴無し、車検有り(半年以上)で、そのなかで車体価格が安いものと比較しています。

【参考元 価格.com 2022年5月時点の情報です。】

3万km

年式の割には状態がよく、質のよい中古車となるでしょう。もちろん年式が新しいものであれば、新車とほとんど変わらない状態のものも探せます。

しかし年式が新しく3万km程度の走行距離であれば価格も下がっていないでしょう。年式が古いものでも、走行距離が3万kmほどなら、車体のコンディションはよい場合があります。

しかしエンジンをあまり動かしていないと考えられ、エンジンの状態の確認と各部の入念な点検は欠かせません。

セレナ ワゴンR 
2012年式:75.0万円 2012年式:45.0万円

5万km

走行距離が5万kmを超える車体になると、中古車の相場が少し下がってきます。一般的に5年経過した車体であれば、5万kmが目安となるでしょう。

乗り換えの1つのタイミングでもあり、中古車を安く買いたい方であれば5万kmを超えた車体がよいでしょう。

10年経過した車であれば、平均的走行距離よりも少なめで、比較的安価に購入できます。

セレナ ワゴンR
2012年:66.0万円 2012年:38.0万円

10万km

10万kmになると、車両価格が大きく下がるターニングポイントです。

10年10万kmといわれてきましたが、近年の車は性能が向上しているのでメンテナンスされている車であれば問題なく走行できます。

ただし条件となるのは「メンテナンスされているのか」です。

予防整備として、各部品が交換されていることが整備記録などで分かるのであれば安心して乗れるでしょう。

足になる安価な車が欲しいという方なら、整備されている10万kmを超えた車がよいです。年式が新しくて10万kmを走っている車でも、交換部品は出てくるためリスクを考慮すべきでしょう。

セレナ ワゴンR
2012年:55.0万円 2012年:29.0万円

年式と走行距離のどちらを優先するべきか

年式と走行距離のバランスを考慮することがありますが、結論からすると平均的な走行距離の車はリスクが少ないといえます。

現在想定される適切な年間走行距離は、8,000kmから1万kmほどです。

簡単に計算するなら、1年経過すると1万km走行距離が増える計算です。

極端に走行距離が少ない車は、ほとんど利用していない期間があった可能性があります。また新しいのに走行距離が増えている車は、長距離での使用が多かったことでしょう。

走行距離が伸びている車は、高速道路などで連続使用されていたことが考えられ、極端に走行距離が少ない車よりも機能面で安心です。

中古車購入時の注意点

走行距離

極端に距離が短い中古車は、どのような使われ方をしていたのか予測しにくいのが注意点です。青空駐車でボディのメンテナンスもされていないのであれば、塗装面にダメージがある可能性も。

メンテナンス記録

またメンテナンスの履歴が残っているかどうかも確認しておきましょう。走行距離が伸びている車でも、メンテナンスがしっかりとされているなら安心できるからです。

諸費用

車両価格以外にも整備費用や手数料が必要となるケースもあります。購入時の総額がいくらなのかも確認しておきましょう。

保証

メンテナンスされている車でも、機械なので故障が発生してしまうことはありえます。販売店が独自の保証を設定していることもあるので、確認しておきましょう。

距離数別:自分に合った中古車の選び方

自分に合った中古車を探すためのポイントを見ていきましょう。

  • 新しく綺麗な中古車が欲しい場合 → ~3万km
  • バランスがよい中古車が欲しい場合 → 6万km~10万km
  • とにかく安い車が欲しい場合 → 10万km~12万km未満

新しく綺麗な中古車が欲しい場合

走行距離〜3万km未満の車は、年式が新しいものであれば年数が経過していないですし、古いものでも傷が少ない可能性が高いです。価格の安さと新しさを両立したいのであれば、3万km未満の車にするとよいでしょう。

バランスがよい中古車が欲しい場合

走行距離が5万kmを超えると、車体価格が下がることから、走行距離6万km〜10万kmの車はコスパがよいといえます。交換が必要になる部品も多くはないことから、安全に乗れる車を探したい方に走行距離6万km〜10万kmの車おすすめです。

とにかく安い車が欲しい場合

普段の足にしか使わないのであれば、走行距離10万km〜12万km未満の車がよいでしょう。激安価格で購入できる車もあるので、購入費用を大きく下げることが可能です。もちろん10万kmを超えるので故障が心配になりますが、部品の交換履歴がある車なら安心でしょう。

一方でリセールバリューには期待できません。数年後に乗り換えるときには価値がないものと割り切りが必要です。

安心・安全でお買い得に車を購入するもう一つの方法

未使用車という選択肢

安全にお買い得な車を購入する方法として、未使用車という選択肢もあります。

未使用車は登録済みで一般のお客様が使用していない車のことで、ほとんど新車であるにもかかわらず、新車価格より10%ほど安く購入可能です。

納車も最短3日で出来ますし、何よりもトータルコストを抑えることができる可能性もあります。

下記の車を購入したとしましょう。5年間乗るための費用は2回分の車検です。

例)中古車(2017年式) N-BOX G 総額相場100〜130万円 (価格.com

  • 7年目車検 約10万円
  • 9年目車検 約10万円

年式が古くなると、交換が必要になる部品があるので約10万円の車検費用です。

結果として、5年間のトータルコストは約140万円から150万円です。

注意点として、車の状態によっては修理費用がさらにかかる可能性があります。

また乗り続けた場合の、5年後のリスクとして以下のものがあります。

  • この時点で10年の落ちのため高額修理箇所が出る可能性が高まる
  • 査定金額がつきにくい

一方で、未使用車の場合の試算は以下のものです。

例)未使用車(2022年式) N-BOX G 110万円〜140万円Kばっか!在庫車

  • 3年目車検 約5万円
  • 5年目車検 約5万円

年式が新しいので、想定される交換部品も少なく、車検費用は5万円としています。

5年間のトータルコストは約120〜150万円です。

新車から5年落ちになるので、10年落ちまで乗るとしても、さらに5年乗ることができます。さらに5年落ちの時点で乗り換えを検討していても、査定金額が推定で50万円以上つくのでトータルの支払総額は安いです。

この例から言えること・・・

中古車の場合、年式が高くなるにつれ車検に掛かる費用も高くなるため、必要な車検を2回受けると約20万円のメンテナンス費用が必要です。

仮に安く購入できたとしても、メンテナンス費用が掛かるとトータルコストがかかり、数年乗ると高年式となるため下取りの査定金額も期待できません。

また、前型の車両を乗ることになるので安全装備が着いていないケースが多く燃費も新車より落ちているのも懸念点。

未使用車の場合、初期費用は中古車よりも高くなりますが、最新機能や安全装置がついた車に乗ることができ、メンテナンス費用も抑えられ保証5年間付きで安心して乗ることができます。

5年後に下取りに出したとしても、5年落ち車両はしっかり査定がつくのでトータルコストは低くなるのが特徴です。

未使用車がおすすめの方は以下のような方です!

  • 2〜3年以上、または長く乗る予定
  • 安全装備が欲しい
  • 車の状態の見極めに自信がない

上記の方は未使用車の方が安心、お得に乗れるケースが多いです。

もちろん軽自動車、普通車、車種によってこの例に当てはまらないケースもあるが、もし約2〜3年以上は乗る、長く乗りたいという方はトータルコストと安全のため未使用車をおすすめします!

・・・もし、予算が限られている場合は?

もし未使用車を検討しているが、ご予算が限られている場合、一部頭金でローンを組む方法も一つの手段です。

現金で購入できる予算内で中古車を探すこともできますが、ご予算を少し上げて未使用車を検討すると、数年にわたって安心してお車に乗れますので、オススメです。

全額をお車に充てるのではなく、将来のために・万が一の急な出費の時のために、現金を残しておくことも出来ますし、一部ローンを活用すると、希望の車種を購入することもでき、尚且つカーライフがもっと楽しくなることでしょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました