車を現金一括で購入するメリット・デメリット

車は現金一括購入とカーローンのどちらがいいの?

車を購入する方法には、現金一括購入とカーローンの2通りがあります。カーローンは分割で返済できる半面、金利がかかることから、現金一括購入のほうが利子の負担がない分お得だと思う方も多いでしょう。実際にそのような思いから、無理して現金一括で購入する方も多いようです。

しかし、やはりローンにしておけばよかったという声も少なくありません。果たして車の購入にはどちらがいいのでしょうか。

ここでは現金一括購入が向いている方の特徴とメリット・デメリットについて解説していきます。

現金一括購入が向いている方

現在の貯蓄額にゆとりがあり、最終的な支払総額を少しでも抑えたいと考えている方は、現金一括購入で新車を手に入れるのがおすすめです。金利分の支払いが不要というのは、現金一括購入の大きなメリットだからです。

また、カーローンはお金の借入れなので、数年にわたり借金をすることに抵抗があると感じる方は、十分な金額が貯まった時点で新車を現金一括購入するのがいいでしょう。借入れがない状態で車に乗れるため、精神的な不安やプレッシャーもなくなります。

さらに、現金一括購入をすれば車の所有者名義が自分になるので、乗り続けるのも売却するのも自身の判断で行えます。車に関わる選択を自由に行いたい方は、現金一括購入が向いています

現金一括購入をする場合のメリット

金利がかからない

現金一括購入をする場合の一番大きなメリットは、金利負担がないことです。車は大きな金額の買い物だけに、それに加えて金利まで支払うとなると、支払総額は非常に高額になってしまいます。したがって現金一括購入をするほうが最終的な負担額が少ないと言えます。

車の名義が自分になる

ディーラーローンを利用した場合は、ローンを完済するまで所有権が信販会社やディーラーになりますが、現金一括購入では自身の名義となるため、売却や廃車なども自身の判断で行えます。

所有権が信販会社になっている場合は車を売却したいと考えていても所有権が信販会社なのでローンの支払いが終わるまでは売却することができなくなってしまいます。

現金一括購入をする場合のデメリット

大金が一度に出ていく

新車を現金一括購入する場合は、車両本体価格のほかに、まとめて「初期費用」などと呼ばれる法定費用と登録諸費用を支払う必要があります。数十万円から数百万円という大きな金額を一括で支払うことになるので、十分な貯蓄が必要です。最近では安全機能付きの車がほとんどです。したがって昔と比べると車両の本体価格がかなり高騰しているため一度にかかる費用がかなり増えています。

購入後の生活費が圧迫される可能性がある

車を現金購入する際には大金が一度に出ていくため、何かしらの新しい大きな出費が出てしまった際には現金購入ではなくカーローンにするべきだったと後悔する方もいらっしゃいます。

さらに車には点検や税金などの維持費も必須となりますので生活が

十分な貯蓄があれば問題ありませんが、そうでない場合は、その後の生活を維持していくための資金を手元に残せるか検討しておく必要があるでしょう。

まとめ

現金購入をする際には万が一に備えて十分な貯蓄がある状態で車の一括購入をすることが良いでしょう。そうすることで現金一括購入のデメリットである大金が一度に出ていくことや日常生活に響くことはなくなりますので素敵なカーライフを送ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました