車をマイカーリースで購入するメリット・デメリット

マイカーリースは初期費用不要で月額10,000円台から新車に乗れるなど、購入するよりも負担を抑えられる車の新しい乗り方です。手軽にカーライフを始められるとして近年利用者が増えていますが、一方で、マイカーリースはデメリットだらけという意見も耳にします。

マイカーリースを利用してから後悔することがないように、はじめにマイカーリースの仕組み。そして、マイカーリースのメリットと、デメリットだらけといわれる理由や、それらを回避する方法を解説します!

本当にデメリットだらけ?マイカーリースの仕組みと特徴

マイカーリースがデメリットだらけといわれる理由の多くは、車を購入した場合とは異なるマイカーリースの基本的なしくみや特徴にあります。まずはマイカーリースの定額制のしくみや、購入するよりも車両本体価格を抑えられる「残価設定」など、マイカーリースの特徴について確認しておきましょう。

特徴①定額料金で楽に車を利用できる

マイカーリースは利用者が選んだ車をマイカーリース会社が代わりに購入し、毎月定額の料金で貸し出すしくみとなっています。レンタカーやカーシェアリングなどのように利用時間によって料金が変動することもなく、所有する車と同じように、自身で管理しながら自由に乗ることができます。

また、月額料金にはあらかじめ税金や手数料が含まれていることから、初期費用や毎年の自動車税(種別割)、車検時の法定費用なども不要になります。そのため、まとまった出費の心配なくカーライフを楽しめます。

特徴②残価設定がある

マイカーリースは契約期間を決めて利用するため、契約満了時の車の想定下取り価格である「残価」を車両本体価格から差し引いた上で月額料金を算出します。
この残価設定により、同じ車を現金一括やローンで購入する場合よりも車両本体価格が安くなり、諸費用込みでも負担を抑えることが可能になっています。

マイカーリースのメリット

メリット①初期費用なしで新車に乗れる

車の購入時には、車両本体価格とは別に、頭金や登録諸費用、各種税金といった初期費用を支払わなければなりません。ローンを利用する場合でもこれらの費用は借入額に含められないことが多く、一括で支払うケースが大半です。
頭金は車両本体価格の20~30%程度、税金や登録諸費用といった初期費用は車両本体価格の10~20%程度が目安なので、ある程度まとまった金額を用意する必要があるでしょう。

その点、マイカーリースは諸費用があらかじめ月額料金に含まれていることで、初期費用の負担がありません。乗り出しにかかる費用は月額料金のみなので、貯金がなくてもすぐにカーライフをスタートできます

メリット②購入する場合と同じように自由に選んだ新車に乗れる

レンタカーやカーシェアリングは各社が所有する車を一時的に借りるサービスであることから、車はほかの利用者と共用で、選択肢も限られています。
 マイカーリースは自分専用の新車が用意される上、購入する場合と同じように、車種やグレード、オプションなどを自由に選べます。国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っているマイカーリースであれば、特別仕様車などの選択も可能です。

さらに、ナンバープレートも一般ナンバーが適用されるので、レンタカーやカーシェアリングのように借りている車とわかる心配がありません。リース会社によっては希望ナンバーも利用できます

メリット③ローンよりも車両本体価格が安い

分割払いで車を購入できるローンは、一括購入より負担を抑えられることから利用を検討する方も多いですが、金利によって車両本体価格に利息が上乗せされます。適用金利が高いと利息も高額になり、負担が大きくなるおそれがあります。
その点、マイカーリースは「残価設定」によって残価を差し引く分、車両本体価格が安くなり、さらに金利の概念がないので、ローンのように適用金利で月々の金額や総額が変わるといった不安もありません

メリット④税金や車検などメンテナンスの費用も入っている

車に乗り続けるためには、車検や法定点検、消耗品の交換など定期的にメンテナンスを行う必要があり、都度まとまった費用がかかります。中には10万円を超えるものもあり、大きな負担に感じている方も多いようです。

一方、マイカーリースはメンテナンス費用も定額にできるプランを用意しているケースが多く、まとまった出費の心配なく車に乗り続けることが可能です。車の維持にかかる費用の大半を一本化できることで、家計管理も楽に行えます。

メリット⑤利用期間中のサポートが充実している 

マイカーリースは契約期間にわたってさまざまなサポートが受けられます。サポート内容はマイカーリース会社によって異なりますが、車検時期のお知らせやメンテナンス業者の紹介、車の知識が豊富な担当者による無料相談など、マイカーリースを初めて利用する方はもちろん、車に詳しくない方でも安心して利用できるサービスがそろっているリース会社が多くあります。
購入した車は所有者が自身で管理や手続きをしなければならず、困り事があってもディーラーに予約をして相談に行くなど手間がかかりますが、マイカーリースなら面倒な手続きなどはお任せできて、何か問題が起きてもその場で相談できます

メリット⑥全額経費計上できる

仕事でマイカーリースを利用する場合、月々の利用料金はすべて経費として計上できます。一括やローンで購入した車は減価償却を行う必要がある上、税金やメンテナンスなどの費用はそれぞれの科目に分けて計上する手間もかかります。
マイカーリースは諸費用も月額料金に含まれていることで、まとめて計上できる点もメリットといえるでしょう。1台の車を仕事とプライベートで使用している場合も家事按分が楽に行えます。

なお、マイカーリースを商用車や社用車として利用するにあたっては、次のようなメリットもあります。

〈法人、個人事業主がカーリースを利用するメリット〉
・初期費用などの負担が軽減できることで複数台の導入がしやすい
・料金が明確なことで事業計画が立てやすい
・メンテナンスの管理がしやすい
・希望ナンバー制の利用で連番の選択も可能

メリット⑦契約満了時の選択肢が豊富

購入した車はマイカーとして所有できる半面、乗換えなどで手放す際に、買取業者を探したり、廃車の手続きをしたりと手間がかかります。
その点、マイカーリースは契約満了を迎えた時点で車をマイカーリース会社に返却するだけ。引き取りに来てくれるマイカーリースであれば、車を返しに行く手間もありません。

さらに、リース会社によっては、利用中の車を引き続き利用できる「再リース」や、マイカーにできる「買取り」、別の車種で新たにリース契約を結ぶ「乗換え」など契約満了時の選択肢が豊富にあり、契約時と状況が変わってもフレキシブルに対応できます
中には契約満了時にそのまま車がもらえるプランを用意しているマイカーリース会社もあり、コストを抑えてマイカーライフを実現することも可能です。

楽らく新車館では3つの選択肢があります。「お買取り」「ご返却」「お乗り換え」から選ぶことができます。おすすめさせていただいているのがお乗り換えです。お乗り換え時はご契約満了になったお車を査定させていただきます。そのお車の価値が残価以上であればその金額を次のお車に頭金として入れることができるので次のお車をお徳に乗ることができます。

マイカーリースのデメリット

マイカーリースがデメリットだらけといわれる理由

「初期費用不要の定額制」と「残価設定」という2つの特徴によって、負担を抑えながら手軽に新車を持てるマイカーリースですが、一方で、このような仕組みの複雑さや特徴がマイカーリースはデメリットだらけといわれる原因にもなっています。

マイカーリースがデメリットだらけといわれる理由について、多く挙げられているデメリットを基に詳しく見ていきましょう。

デメリット①中途解約で違約金が発生する

マイカーリースの月額料金は総額を契約月数で分割して算出しているので、契約期間中に契約内容を変更したり、中途解約したりすることは原則として認められていません。そのため、利用者の都合や、事故や盗難に遭って車が走行不能になったなどでやむをえず中途解約をする場合には、違約金を支払う必要があります。
このことから、もしものときには高額な請求が発生するリスクがあるといった点がデメリットだらけの理由のひとつとして挙げられています。

しかし、中途解約のリスクは契約時の工夫によって抑えることができます。また、カーローンでも走行不能になると残債の一括返済を求められることがあるので、マイカーリースに限ったリスクとはいえないでしょう。

なお、マイカーリースの違約金は、解約する時点での車の価値や残りのリース料、損害金などを基に算出されるので、基本的には残りのリース料になります。違約金という名目で別途高額な料金を請求されるわけではありません

デメリット②ボーナス払いが高額な場合がある

マイカーリースは基本的にボーナス払い不要のサービスですが、ボーナス払いを適用することで、ボーナス月以外の月額料金を抑えられるマイカーリース会社も多いです。ただし、中にはボーナス払いを高く設定して月々のリース料を安く見せているところもあり、そのようなマイカーリース会社で契約すると、ボーナス月の負担が大きすぎてデメリットだらけと感じてしまうようです。

月額料金が安くなるのは魅力的ですが、マイカーリースは長期で契約する場合が多いだけに、ボーナス払いを適用するかどうか、いくらまでなら払い続けられるのかといったことを事前に確認して、慎重に検討しましょう。

デメリット③カスタマイズができない

カーリースには返却時の原状回復義務があるため、基本的に改造やカスタマイズはできません。ただし、元に戻せる範囲であれば、カスタマイズを認めている場合もあります。また、契約満了時に車がもらえるカーリースなら、車検に通る範囲でカスタマイズが楽しめることもあります。

デメリット④原状回復費用が発生することがある

マイカーリースの車を返却する際は、車を契約時の状態に戻す「原状回復」が求められます。原状回復では車の傷やへこみ、汚れやにおいなどを修理やクリーニングで修復しますが、その費用は原則として利用者が負担します。返却時の車の状態によっては原状回復費用が高額になる場合もあることから、デメリットだらけといわれています。

車を日々利用していれば、知らないうちに傷や汚れがついてしまうものです。それだけに原状回復費用を懸念する方も多いですが、通常の利用における摩耗や軽微な傷、経年劣化などについては原状回復の必要はありません

マイカーリースはやっぱりメリットのほうが大きい!

このようにマイカーリースはデメリット以上にメリットがとても多いことが分かります。今回紹介をしたデメリットの中には自分に合ったリース会社を選ぶことでデメリットも変えることができます。

楽らく新車館ではそのようなデメリットをできるだけなくしたリースの商品作りを行っておりますのでどんな方でもお勧めできる商品となっております。

詳しく知りたい方は下記のボタンまでお問い合わせお待ちしております!

コメント

タイトルとURLをコピーしました